節水がいけないの?

最近、自宅のトイレを新しく替えたばかりなのに、なぜだろう?水が流れにくいし、もしかして詰まっているのかな?という声が聞こえてきますが、購入時に説明はお聞きになっていらっしゃいますか?

ホームセンターのトイレコーナーには、ここ数年売れ筋の節水型トイレがズラッと並んでいます。毎日大量に水を使用するトイレですから、なるべく節水タイプのものに買い替えようと思っている方が多いようで、人気商品のひとつです。名前の通りに、節水することが目的です。節水トイレの目的は、少ない水量でも流れることです。

たとえば、トイレットペーパーをやたらと多く使ってしまう方がいれば、その量を1回だけで流すことが難しいのが節水型トイレの特徴です。排泄物の量が多いうえにペーパーを大量に使ってしまえば、すぐに詰まってしまうでしょう。以前使っていたトイレの水量とは全然違うということを理解しておきましょう。もちろん、一般的な排泄物に普通の量のトイレットペーパーであれば、つまりの原因にはなりませんのでご安心ください。

ショッピングセンターなど節水型トイレを取り入れている企業は多くあり、同じような詰まりの原因を経験しているようで、最近では「排便をしたらまずは1回水を流しましょう!」などと複数回に分けて流すことを促すポスターが個室内に貼られている店舗があります。自宅のトイレもこれに見習って、複数回に分けて流した方がよさそうですね。


Back to Top